Wednesday 21st February 2024
Durbar Marg, Kathmandu

クレジットカードさえあれば即日で現金を調達できるクレジットカード現金化。

実はこのクレジットカードを現金に換える行為、法律などでは禁止されてはいませんが、クレジットカード会社の利用規約では禁止されており、バレてしまうとカードの利用停止や強制退会などの重い措置が取られる恐れがあります。

そのためクレジットカードを現金化するためには、カード会社にバレないように行う必要があります。

そこで今回は、カード会社にバレずに現金化をするためのコツや万が一疑われてしまったときの対処法を紹介します。

カード会社にバレずに現金化をするためのコツ

クレジットカードをカード会社にバレずに現金化をするためには、次の2点を意識してください。

・過去にカードトラブルが起きていない業者を利用する
公式サイトなどでカードトラブル0と書かれている現金化業者では、過去に現金化をしたことが原因でカートが使えなくなった人はおらず、カード会社にバレない現金化の手法を確立している可能性が高いです。

そのためカードトラブル0とはっきりと明記している業者を利用するようにしましょう。

・支払いは滞納しない
実は支払いを滞納するとカード会社に現金化を疑われやすくなります。

支払いを滞納している場合、その人はお金に困っている可能性が高いため、カード会社は現金化目的でカードを使っていないかを厳重に警戒するのです。

クレジットカードを使う上では当然のことですが、絶対に支払いは滞納しないようにしてください。

カード会社に現金化を疑われたらどうしたらいいの?

もしクレジットカードを現金化していてカード会社から現金化を疑われてしまったら、現金化をしたと認めないようにしてください。
カード会社から現金化をしていないかの確認の連絡が来た場合、その時点ではまだ疑われているだけであり、現金化をしたことがバレたわけではありません。

そのため現金化をしたと認めなければいきなりカードが使えなくなることはありません。

そのときに買い物をした理由やどんな商品を購入したのかをきちんと説明できるとより疑われにくくなります。
現金化をしたときはどんな商品を購入したのか、いつ現金化をしたのかなどをメモとして残しておくのがおすすめです。

また現金化をした後にカード会社から連絡が来ると、「現金化を疑われたかもしれない」と無視ししてしまう人もいますが、それは絶対にやめましょう。

連絡を無視してしまうと後ろめたいことがあるとより深く疑われてしまい、カードが使えなくなるリスクが高くなります。

今回はクレジットカード会社にバレずに現金化をするためのコツ及び疑われてしまったときの対処法について解説してきました。

カード会社では常にカードの使用履歴を監視しており、現金化をしていないかの確認を行っています。
ですが業者の選び方や支払いなどちょっとしたことに気をつければ疑われるリスクを大幅に下げることが可能です。

また万が一疑われてしまった場合でも、きちんとカード会社からの電話に対応して現金化をしたと認めなければ、カードが使えなくなる可能性は非常に低いです。

今回紹介した情報を頭に入れておき、万が一のときもきちんと対応できるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back To Top