Wednesday 21st February 2024
Durbar Marg, Kathmandu

資金を調達する手段として、ファクタリングは広く企業の間に広がるようになってきました。

この売掛金を売って資金を集めていく手法は、実際のところ信用問題が起こるのでしょうか。

信用には、信用情報機関で取り扱う信用情報と取引先との信用関係の2方向が考えられます。

それぞれの「信用」への影響度はどれぐらいあるのでしょうか。

信用問題が起こるかどうかによって、将来的に企業が成長出来るのかどうかにも繋がってきます。

売掛金を売却して資金を得ていく前に、サービスを使った時の影響度についても考えておく必要があります。

ファクタリングの利用は信用情報機関が扱う信用情報に関係してくるのか

売掛金の売却によって資金を集める場合、信用情報機関が扱う企業の信用情報に影響が出てくるのか気になるところです。

ファクタリング事業会社が審査を行う上で活用するのは、売掛金を売却する企業の売掛先の信用情報であり、売掛金を売る予定の企業の信用情報ではありません。

この部分が銀行などからの融資とは違うところです。

その為、企業がファクタリング会社を通じて売掛金を売る方法で資金を集めても、その企業の信用情報に影響を与える事はありません。

将来的な信用情報に影響を与える事がないので、売掛金を持っている企業にとっては理想的な資金集めの手法と言えます。

但し、審査では売掛先の信用情報が重要なポイントになってくるので、売掛先の経営が安定している事がファクタリングを利用する上で注目しておかなければいけない点となります。

ファクタリングを使った事による売掛先との信用への影響

ファクタリングを使った時に影響が及ぶと考えられるのは、企業と売掛先との信用面です。

信用問題で影響が出てくると考えられ、売掛先にとっては知らない会社に支払いをしなければいけなくなる状況になります。

また、売掛金をファクタリング会社に売却するぐらい資金繰りが怪しいと見られてしまう可能性は未だにあります。

日本企業の多くは銀行からの融資や株によって資金調達を行うのがまだまだ多いので、ファクタリングによる資金調達にネガティブな感情を持っている会社は一定数存在します。

将来的にも信用を築いて事業を進めていくのであれば、ファクタリングを使った資金の調達を行わないという選択肢もあります。

一方で、資金集めを重視したいという場合にはファクタリングを活用するのも手でしょう。

ファクタリングを利用する企業は信用されるのか

売掛先を含めた企業は、資金を集めるのに売掛金を売却した企業を信用をして今後も付き合いをしたり、新規に取引をしたりしてくれるのかという心配があります。

これは、企業の考え方がそれぞれ異なるので、信用問題に影響するかどうかは不確定要素になります。

しかし、会社の経営を安定させて行かなければ、会社の将来が無くなる恐れもあります。

銀行などの融資に頼れるかどうか、株式会社になって株による資金調達を行えるのかがファクタリングを使うかどうかの決断の場面になってきます。

ファクタリングは資金集めの最終手段と捉えておいても構いません。

資金集めをする手段が多いほど、企業が成長していく上で安心出来る要素が増えていきます。

ファクタリングを活用する利点は、資金調達の選択肢が増える事です。

しかし、売掛金を他社に売却する事になるので、会社の運営がうまく行っていないといったネガティブな印象を持たれたり、売掛先との信用が崩れてしまう可能性があります。

売掛先のファクタリングに対する理解度が問われる部分です。

信用情報機関が扱っている信用に関しては、利用企業に影響はありません。

売掛金が高く売れるかどうかは、売掛先の信用情報と手数料の高さ次第となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back To Top